年賀状の差出人に家族一同と書くのは大丈夫か,書き方や横書きはOK?

豆知識

年賀状の書き方は、人生のステージが進むと、若い頃とは違う書き方が必要になってきます。

たとえば結婚や出産などで家族ができたりすると、差し出す側・宛名ともそれぞれ家族についても書く場合が出てきますね。

年賀状の宛名や差出人の欄に家族の名前が必要な場合、全員の名前を連名にするという方法もありますが、家族の人数が多い場合は難しいですね。

その場合思いつくのが「家族一同」という表現ですが、実際どういうときに使えるのでしょうか?
宛名・差出人ともに「家族一同」を使うことはできるのでしょうか?

また、同時に気になるのが、会社で役職が付いた場合、それは年賀状に記載するべきなのかどうかという事です。

そして、最近多い横書き文字の年賀状、差出人の名前も横書きにできるのでしょうか?

などなど、今回は年賀状の差出人や宛名の書き方について、気になる点や役立つポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

年賀状の差出人は家族一同でいい?

年賀状の差出人は家族一同でいいか、相手への宛名と自分の名前の書き方に分けてご紹介します。

相手への宛名

年賀状を出す相手の宛名について、「ご家族一同様」としても良いものでしょうか?

まずビジネス上でのお付き合いでの年賀状で、家族ぐるみのお付き合いではない場合は、「ご家族一同様」と書くのは避けましょう。

一方仕事上の間柄であっても、仲良くして頂いている間柄で年賀状をご自宅に送る場合は、「ご家族一同様」と書いても大丈夫です。

その場合年賀状を出す相手の名前をフルネームで記載し、その次の行に「ご家族一同様」と記載すれば相手への敬意も示せますし、年賀状を受け取る側も分かりやすいでしょう。
それ以外の親しい間柄の方、例えば友人・親戚やその他私的な関係の方に年賀状を出す場合にも「ご家族一同様」は使えます。
年賀状を出したい相手の方の名前をフルネームで記載し、その次の行に「ご家族一同様」とすると、誰へ当てた物なのか分かりやすくなります。
もしくは家族ぐるみで仲良くしている場合は「○○家 ご家族一同様」でもいいですね。

自分の名前

年賀状の差出人の名前について、例えば家族の人数が多くて書ききれない場合はどうするのが良いでしょうか?
「家族一同」などと書いても良いものでしょうか?

答えは「OK」ですが、ポイントがあります。

ただ「家族一同」とだけ書くと、どこの家族なのか分からなくなってしまいますね。
「○○家 家族一同」としても、同じ姓の知り合いがいた場合、差出人不明になってしまいます。
そのため、差出人の名前については、家族一同を使うとしても、一名はフルネームを入れる必要があります。

差出人の家族が多い場合は、年賀状を書く人の名前を一番右に書き、それに続けて「他 家族一同」と書くと書面が煩雑にならずすっきりしますね。

もしくは家族ぐるみでよく知ったお付き合いであれば、一番右は世帯主の名前としても良いでしょう。

スポンサーリンク

年賀状の差出人の書き方は横書きでもいい?

年賀状の差出人を年賀はがきに書く時、通常は縦書きが多いですよね。

しかし、レイアウトやデザインの都合から横書きの文字の年賀状もあります。
最近は英文の入った横書きのデザインでおしゃれな物やかわいい物も多いですよね。
その場合、差出人の名前も横書きでも良いのでしょうか?

日本語は本来文字を縦書きにしますので、目上の方に出す場合は縦書きが望ましいです。
仕事でお付き合いのある方、上司や取引先など、また自分より年上の方へお出しする場合は縦書きで統一しましょう。

しかし、親しい間柄の場合は差出人の名前を横書きにしても問題ありません。

年賀状の文字を横書きにする場合、ポイントが2つあります。
まず、数字は漢数字ではなく1,2,3と算用数字(アラビア数字)を使います。
また、裏面の文字を横書きにする場合、表面の文字も横書きに統一するのが自然です。
その場合、住所の数字も同じく算用数字にすることが必要になります。
住所録のデータから自動的に住所面を作成している場合、修正が必要になる場合がありますので注意しましょう。

スポンサーリンク

年賀状の差出人に会社の役職は書くべき?

年賀状をビジネス上のお付き合いがある方に出す場合、差出人に役職は書き添えたほうが良いのでしょうか?
会社宛てに出すビジネス用途の年賀状の場合は差出人の名前の前に会社名(組織名)と役職を書き添えましょう。

差出人に会社名と役職を書き添える場合、まず住所の後の行に会社名を書きます。
その次の行に「課長 ○○」など、名前の上に役職を書き添えます。

一方、取引先の方のご自宅に送る場合や、会社の上司の自宅に送る場合は、その場合は差出人の役職は基本的には必要ありません。

しかし、しばらくお会いしてなかったり自分の役職の変更があった場合など、お知らせとして記載した方が都合が良い場合もあるでしょう。

また、年賀状の宛名については役職は必要でしょうか?
ビジネス上の目的で、取引先の会社宛てに年賀状を差し出す場合も、宛名に会社名(組織名)と役職を書く必要があります。
役職を明記することで年賀状が社内でスムーズに相手まで届きやすくなり、また相手への敬意も示す事ができます。

ただしビジネスでのお付き合いがある方あての年賀状であっても、相手のご自宅へ送る場合は、宛名に役職は付けず、敬称は「様」で良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は年賀状について、家族がいる場合や役職がある場合などの差出人・宛名の書き方について、気になるポイントをまとめました。

「家族一同」という表現を使うことにより、字数を減らして書面をすっきりさせながらも親しみのこもった年賀状が作成できますね。

また、ビジネス用途の年賀状は年賀状に役職を入れることによってスムーズなやりとりが可能になります。

一年に一度の年賀状ですが、裏面に書ける文面は意外と短いです。
差出人・宛名欄にまで気持ちのこもった年賀状で、一年間のコミュニケーションを円滑にスタートできると良いですね。

 

タイトルとURLをコピーしました