海外赴任する方へメッセージの例文!寄せ書きはどう書けばいい?

豆知識

最近では日本の企業もグローバル化が進み、海外赴任も珍しくなくなってきました。

そんな海外赴任が決まった方に、どんなメッセージを送ったらいいのか悩んだことはありませんか?

お世話になった方に上手に気持ちを伝えて、気持ちよく送り出したいですよね。

今回はそんな時にそのまま使えるメッセージを考えてみました。

スポンサーリンク

海外赴任の方へメッセージの例文

メッセージの基本は、

・これまでお世話になったことへの感謝
・赴任先での活躍を願い、重責を担う相手を気遣う気持ち

を書く事です。

それでは、メッセージを送る相手別に、例文をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

先輩へ

お世話になった先輩へは、今までの感謝を伝えると共に、先輩が安心して赴任できるように、「後は任せてください」というメッセージを伝えられるといいですよね。

短い期間ではありましたが、大変お世話になりありがとうございました。右も左もわからなかった新人時代に、先輩のご指導があったからこそ、今現在何とか独り立ちできるようになったと思います。今度は先輩のように、自分自身が後輩から頼られる存在になれるよう、より一層頑張ります。○○(赴任先)は日本よりも寒い地域だと聞いていますので、ご自愛ください。先輩の益々のご活躍をお祈りいたします。

上司へ

上司へのメッセージも、先輩へのメッセージと基本的には同じです。

目上の方なので、よりきちんとした文章の方がいいですよね。

長い間、お世話になりまして本当にありがとうございました。課長の厳しくも暖かいご指導があったからこそ、今の社会人としての私があると思います。これからも課長のお言葉を胸に、職務に邁進していきます。赴任先は暑さで体調を崩しやすい地域だと伺っています。お身体には十分留意ください。課長の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

部下へ

部下に対するメッセージは、新天地への不安を解消できるような、励ましの言葉がいいですね。

念願の海外赴任、おめでとう。仕事に対していつも真摯に向き合ってきた○○君だからこそ、新しい環境でも素晴らしい成果をあげられると思います。環境が変わると体調を崩しやすくなるので、赴任先の風土を楽しみつつ気分転換をしながら頑張ってください。今後の益々の活躍を期待しています。

同僚へ

今まで一緒に頑張ってきた同僚、環境が変わっても一緒に仕事をする仲間であることは変わりません。

励ましと、これからもよろしくというメッセージを送るといいですね。

念願の海外赴任に向けて、忙しく準備をしているところだと思います。入社以来、ずっと一緒に仕事をしてきた○○が離れてしまうのはとても寂しいですが、これからは違う環境でお互いに協力しあって仕事ができればいいと思っています。赴任先で何か困ったことがあったらいつでも連絡ください。○○の益々の活躍、応援しています。

取引先へ

お世話になった取引先の方へは、きちんとした言葉で、今までのお礼と今後のご活躍をお祈りするメッセージを送りましょう。

この度○○へ赴任されるとのこと、心よりお祝い申し上げます。○○様のおかげで、私もたくさんの経験を積ませていただき、多くを学ばせていただきましたこと、心より感謝申し上げます。赴任先におかれましても、これまで通り皆様に慕われ、素晴らしい仕事をされると確信しております。○○(赴任先)は寒暖差の激しい地域と伺っております。お身体には十分にお気をつけ下さい。○○様の更なるご活躍をお祈り申し上げます。

さて、ここまでは少し長めのメッセージをご紹介してきましたが、寄せ書きの場合はどんなメッセージが良いのでしょうか?

次は、寄せ書きのメッセージの例文をご紹介していきます。

スポンサーリンク

寄せ書きのメッセージ例文

みんなで一枚の紙に書く寄せ書き、短いメッセージなので、逆に何を書いたら…と悩んでしまいますよね。

特に、個別に送るメッセージと違い、あまり親しくない方に書く場合もあるので、余計に困ってしまうと思います。

上司や先輩など、目上の方への寄せ書きは、

「新天地での更なるご活躍をお祈り申し上げます」
「先輩のご指導のおかげで独り立ちできましたこと、心より感謝申し上げます」
「お身体にはくれぐれもお気を付けください」

などの、一般的で型式的なメッセージで構いません。

他の人と被ってしまっても、気持ちを伝えることが大切なので、シンプルな言葉で感謝の気持ちや今後の活躍を祈念するメッセージを書きましょう。

一方、同僚や部下など、親しく付き合ってきた方に送る寄せ書きのメッセージは、

「いつも○○の行動力に驚かされていました。そのパワーで新天地でも頑張ってください」
「一緒に食べに行った大好物のナシゴレン、今度は本場の味を堪能しながら仕事も頑張ってください」
「時差の少ないオーストラリア、困った時はいつでも連絡してください」

といった感じで、相手との思い出やエピソードを入れると、オリジナリティが出て相手の心に届きやすくなりますよ。

 

ここまで色々なメッセージの例文をご紹介してきましたが、最後に気をつけた方がいいポイントや注意点をまとめてみました。

スポンサーリンク

メッセージのポイントや注意点は?

海外赴任をされる方にメッセージを送る際、気をつけたいポイントや注意点はどんなことがあるのでしょうか?

海外赴任は国内の転勤と違い、風習や気候など、様々な環境が変化するので、赴任される方はたくさんの不安を抱えて異動することになります。

お世話になったお礼や感謝の気持ちを伝えるのはもちろんですが、少しでもその不安を解消できるような、励ましの言葉を入れると良いですよね。

ネガティブな表現を避け、相手の気持ちに寄り添ったメッセージにするのがポイントです。

また、寄せ書きは案外ずっと残るもの…ということで、あまりハメを外したメッセージは避け、丁寧でシンプルなメッセージを心がけるといいですよ。

スポンサーリンク

まとめ

今回は海外赴任をされる方へのメッセージについてまとめてみました。

旅行などで気軽に行けるようになってきたとはいえ、やはり海外は遠く、生活するのはとても大変な事ですよね。

身近な人が海外赴任する時には、暖かい言葉で送り出してあげたいなと思いました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました