1センチ指を指で測るには?定規なしで5センチ,10センチを測る方法も

豆知識

買い物など出先で物を測りたいとき、または家に定規がないとき、長さを測るのに指や腕を使ったりしませんか?

だいたいの長さが測れたらいい、というときには、そういう方法が便利ですよね。

この記事では、1センチを指で測る方法をご紹介しています。

スポンサーリンク

1センチを指で測る方法は?

1センチを指で測ると、私(成人女性)の手で人差し指の第一関節の半分がちょうど1センチくらいでした。

第一関節の長さが2cmくらいですね。

もちろん正確に測るには定規が必要で、もちろんこれは個人差があり、だいたいの目安です。

これが5cm、10cmと長くなると測れのるかも、試してみました。

5センチは?

5センチは、ちょうど小指の長さでした。

私の小指は、短いと言われたことがあります。なので、これもあくまでも目安です。

10センチは?

手をグーにしてみて、横幅がだいたい10センチくらいでした。

スポンサーリンク

定規なしで1センチを測る方法

手や指で測る他にも、定規なしで1センチを測る方法がないか調べてみました。

小銭があれば、ぜひ試して欲しいのですが、

・10円玉7枚
・100円玉6枚

これらを重ねると、ちょうど高さ1センチになります。

ちなみに、1円玉の直径は2cmです。500円玉の直径は、2.65cmです。

5cmは?

現在の千円札は、横幅が15cmです。

なので、きっちり三つ折りにすると5cmになりますよ!

10cmは?

先ほどのとおり千円札が15センチなので、三つ折りにしてそれを広げ、その2つ分が10cmになります。

または、ハガキが近くにあれば、ハガキの横幅は10cmですよ。

スポンサーリンク

まとめ

1cmを測るのに、定規でいちいち測るのは面倒ですよね。

ぜひご自身の指で1cm, 5cm, 10cmの長さを把握しておいて、何か買い物をするときなどに活用してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました