通勤時間 2時間や2時間半は辛いししんどい。子育てするとどうなるの?

豆知識

通勤時間が2時間や2時間半というと、人によっては信じられないと思いますが、実際に毎日そのくらいかけて通っている方々はたくさんいらっしゃいます。

私も経験したことがありますが、とても辛いし、しんどいものでした。

今回は、私の長距離通勤の経験から、通勤2時間~2時間半という実情や、子育てができるかどうかについてまとめます。

スポンサーリンク

私は通勤2時間半を経験

私の場合、通勤時間は2時間半でした。

住んでいるところが田舎で、都市部で働くことの憧れがあった私は、面接で面接官の人から何度も「家から遠いけど大丈夫?」と聞かれたことをよく覚えています。「大丈夫です」と答えたけど、実際は大丈夫じゃなかったですね(汗)

その時は。自宅から最寄りの駅まで車で15分+電車で2時間+会社の最寄り駅から徒歩15分という通勤スタイル。
6時過ぎには家を出ていました。もちろん、お昼になる前にお腹はペコペコになるので、デスクにはおやつがたっぷり。(苦笑)

自宅の最寄り駅からの電車は、30分に1本しか来ないので、それを逃すと3時間ほどかかっていましたね。。

そして、電車がよく止まるので、会社になかなか着くことができず地団駄踏んだことをとてもよく覚えています。

スポンサーリンク

通勤2時間~2時間半は辛いししんどい

私は通勤2時間半を経験。
最初はまだ良かったのですが、20代半ばで体力のあった私でもかなりしんどかったですね。。仕事も、毎日定時に上がれることはなく、残業もありました。

仕事もそれなりに大変で、辛いししんどいと思うことが毎日でしたが、実は会社員になる前、大学時代は通学に3時間かかっていたんです(汗)
どれだけ田舎なんだよという感じだと思われると思いますが、私は一人暮らしできない事情があったので、頑張って通っていました。
その時、同じように地元から都市部の大学に通う友達が何人かいたので、頑張ることができましたね。

しかし、時間割を組みやすい大学の通学と違い、激務で残業もあり通勤の2時間半はかなりしんどかったので、1年ほどで、会社の近くにマンションを借りることを決意。駅近の物件で、会社から地下鉄で15分のところでした。ドアtoドアで20~30分くらいになってからは、やはり、使う体力が全然違いましたね。仕事にも集中することができるようになった気がします。

スポンサーリンク

通勤2時間で子育てはできる?

片道が通勤2時間だと、1日に4時間。子供がいないと、まだなんとかなるとは思いますが、子育てをしながらという場合は可能でしょうか?

例として、9時から16時までの勤務とすれば、
7時より前には家を出て、子供を保育園に連れて行き、仕事が終わって18時頃にお迎えして帰り、そこから夕食を作って…という生活。

私の友達で、2時間近く通勤にかかるというママがいますが、近くには義理の実家があり、保育園のお迎えはしてもらっているそうです。

ワンオペだと、かなりしんどいかなという気がします。周りに協力してもらうことが大事だと思います。

今はリモートでの仕事に切り替わったという人も多いかもしれませんが、また以前のように電車通勤に戻るとなると、色々と考えてしまいますね。

スポンサーリンク

通勤時間が2時間でも通うことのメリットやデメリットは?

通勤時間が長いことで、デメリットは多いようなイメージはありますが、メリットはあるでしょうか?

私の経験から、メリット・デメリットそれぞれ考えてみました。

メリット

通勤時間が長いと、ただただ体力を使うイメージかも知れませんが、実はその間にいろいろなことができます。

・資格などの勉強ができる
・読書ができる
・早起きになる

・資格などの勉強ができる
私は通勤時間が長いので、その間に何かスキルが身に付けばいいなと思い、資格の勉強をしていました。
結果、簿記2級に合格することができました。家ではあまり勉強せず、電車のなかで参考書をひたすら読んでいました。
また、英語のリスニングも勉強していました。電車に座ることができなくても、イヤホンで何かを聞くことはできます。(もちろん音量には注意です)TOEICを受けると、高得点を取ることができました。
簿記もTOEICも、あまり自宅で勉強せず電車の中で勉強しただけだったので、やはり嬉しかったですね。何かスキルが身に付くと、自信になります。

・読書ができる
電車に乗ると、多くの方が読書をされていますね。
自宅にいるとなかなか読書をすることができないという人も、電車の中だと集中して読書できるという人が多いのではないでしょうか。
読書に没頭できることで、通勤時間も充実できますね。

・早起きになる
私は2時間半の通勤のとき、4時半ごろには起きて準備をしていました。
その分早く寝ていましたが、早起きの習慣がついたことは、意外なメリットでした。
休日も早起きしてしまうので、色んなことをする時間ができて逆に嬉しいなとも思いました。早起きは三文の徳と言いますよね。

デメリット

やはりデメリットもあります。これから2時間通勤をするという方は、ぜひ参考にしていただきたいです。

・体力をすごく使う
・自分の時間が減る
・電車遅延が多い

・体力をすごく使う
一番のデメリットは、これだと思います。
本当に体力を使います。私が20代でも、結構しんどかったです。
その時はまだ結婚していなかったので、家事などは家族がしてくれて、サポートはとてもありがたかったです。
電車もずっと座れるというわけではないので、満員電車では、より体力を消耗しますね。。

・自分の時間が減る
1日24時間のうち、通勤時間に4時間かかると、1週間で20時間(週5勤務)、1ヵ月で80時間(月20日勤務)かかります。数字で見ると、かなり長い時間ですね。。
この時間を自分の時間にあてることができると考えると、やはり辛いですね。

・電車遅延が多い
これが一番辛い問題かもしれません。朝早く出ているのに、会社になかなか着かないというなんとも言えない辛さ、長時間の通勤を経験したことがある人はわかると思います。
電車遅延が多い路線もあるので、事前にチェックする方がいいですね。

スポンサーリンク

まとめ

通勤2時間~2時間半かかる生活をする理由は、いろいろな事情があると思います。

私も諸事情があり、また家が地方だったということで通勤は大変でとてもしんどいものでした。

しかし、資格を取得できるなど、いいこともあり、後から思えば良い経験だったかなと思います。

今はリモートワークが多いと思いますが、これから2時間の通勤が始まるという方、また長時間の通勤をされている方の参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました