クリスマスケーキの売れ残りはいつから売っているか,どこで買う?

豆知識

12月24日と25日の2日間が勝負!といえるクリスマスケーキ。

お気に入りのお店のだったりしたら前もって予約してとなりますが、そうでない場合やクリスマスケーキを買い忘れた!出来ればちょっと安く買いたいなと思った時、狙い目なのが売れ残りです。

ただ売れ残りのケーキって、いつから売っているのでしょうか?24日?25日?どちらでしょうか。

それから、せっかくケーキを買ったけど食べきれなくて残っちゃった。
どう保存したら美味しく食べられる?というのを調べてみました。

スポンサーリンク

クリスマスケーキの売れ残りはいつから売ってる?

クリスマスケーキの売れ残り。

イメージとしては12月24日と25日だろうなと感じるかもしれませんが、実は24日は売れ残りとならないので、この日に買える可能性は低く、確実に買うのであれば25日となります。

24日はまだ売れ残りにならないから望み薄

日本でクリスマスというと何となく12月24日と25日のイメージがありますが、24日にクリスマスケーキが売れ残るというのは、ほぼないといえます。

なぜなら、12月24日はクリスマス・イブであり、クリスマスの本番というかメインは12月25日だからです。

つまり、12月24日はクリスマス当日の12月25日の前日ですから、どこのお店でも売れ残りという扱いにしないので、12月24日に売れ残りのクリスマスケーキを買うのは望み薄ですし、難しいといえます。

売れ残りを狙うなら25日の夜と26日の開店直後がおススメ

クリスマスケーキの売れ残りを狙うのであれば、25日の夜と26日の朝イチがおススメです。

細かい時間帯というのはお店によって違いますが、25日の18時近くになると割引シールを貼られたクリスマスケーキがチラホラでてきます。
ただこの時間だと10%~30%割引というのが多いですが、もっと遅い時間になると半額となっている事が多いです。

更に26日の開店直後なら、既にクリスマスは終わっているので半額で販売されている確率がより高くなります。
但し、26日に販売されているクリスマスケーキは割引率は高いですが、その分早く売り切れますので、26日に買いに行くなら開店直後がおススメです。

この点から考えると、お目当てのケーキや絶対にクリスマスにケーキが必要というのであれば、割引率は低くても確実にケーキを買える可能性が高い25日の18時以降、26日でも大丈夫という場合は開店間際が狙い目となるので、いつクリスマスケーキが必要かというのをポイントにして考えると、買うタイミングが分かりやすくなると思います。

スポンサーリンク

売れ残りはどこで買う?

売れ残りのクリスマスケーキが買える日や時間帯をご紹介したところで、次は売れ残りのケーキをどこで買うか?についてです。

ケーキ専門店

ケーキ専門店ではクリスマスケーキは予約注文分と当日買いに来る用と2種類あって、予約注文分は完売といえますが、売れ残りになるのは当日買いに来る用のものとなります。

ケーキ専門店の場合、12月25日の閉店時間ギリギリまでは売れ残りとはしないので、買いに行くなら閉店1時間前から閉店直前ギリギリがいいと思いますが、お目当てのクリスマスケーキがある場合は完売しているかもしれませんので、ご注意くださいね。

スーパー

スーパーでのクリスマスケーキが売れ残りとなるのは12月25日の18時以降が多いので、買いに行くなら、この時間が狙い目となります。

ただ24時間営業のスーパーですと18時以降でもお客さんが多いので、まだ売れ残りとされていなくて定価で販売されていることがあるので、24時間営業のスーパーの場合は20時以降に行くと売れ残りとなっていることが多いです。

コンビニエンスストア

コンビニエンスストアって定価販売なイメージがありますが、最近は割引シールを貼るようになりましたね。
割引シールを貼るということは売れ残っているからなのですが、クリスマスケーキについてはどうでしょうか?

コンビニエンスストアの場合、クリスマスのようなイベントにまつわる物を販売する時、その日に売り切らないと即廃棄となってしまうので、ケーキ専門店やスーパーに比べると売れ残りとなるのは早いかもしれません。

参考までにですが、私が去年たまたまクリスマスにコンビニに行った時が子供達が帰って来る時間帯だったのですが、既に売れ残りとして10円引きの割引シールが貼ってあったので、売れ残りで割引となるのはコンビニが早いかもしれませんね。

もちろん、コンビニでも25日の夜になれば売れ残りとなるので売れ残りで割引率がグッと上がりますので、割引率が多いのを狙うなら25日の深夜から26日の早朝がおススメです。

・ケーキの3号は何人分で大きさは何センチ?サイズ表や余りの保存方法も!

スポンサーリンク

ケーキの保存法

子供達が小さい頃にクリスマスケーキを1ホールで買うと、どうしても余ってしまって次の日も、その次の日も食べるということがありましたが、ケーキって日にちが経つと美味しくないなと感じたことありませんか?
せっかく買ったケーキだから美味しく食べたいと思い、ケーキの保存法を調べてみたらとても簡単にケーキを美味しく保存できる方法を見つけたのでご紹介しますね。

ラップではなくタッパーやボウルでカバー

ケーキをすっぽり被せられるタッパーまたはボウルでカバーして冷蔵庫で保存するです。
ケーキを保存する時に一番多いのはラップして冷蔵庫で保存だと思いますが、これだとデコレーションが崩れてしまって、見た目がちょっと...となりませんか?

そんなラップの保存の代わりにご家庭にあるタッパーやボウルでケーキの高さに合うのがありましたら、それを使うとデコレーションを崩さずにキレイな状態で保存できます。

それから、ケーキを保存する時にお皿に余裕があったら水を入れた小さな器をお皿にのせてから、カバーして保存すると水の入った器が加湿器代わりになってスポンジケーキの乾燥を防げます。

フルーツのデコレーションがあるケーキは保存する時にフルーツを外す

クリスマスケーキの中には、フルーツのデコレーションがされているケーキがありますが、こうしたケーキを保存する場合は、一度フルーツを外した方がフルーツからの水分がケーキに染みてべチャッとなるのを防げます。
外したフルーツは食べる時にまたのせてください。

せっかくのクリスマスケーキですから、最後まで美味しく食べたいですよね。
この保存方法を知ってから余ったケーキを美味しく食べられるようになったので、1ホール買っても怖くなくなったので、良かったら試してみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

クリスマスケーキの売れ残り。
12月24日は難しいとしても25日は売れ残りとなりますし、時間帯が分かると買いに行きやすくなりそうですね。

また今回は、せっかく買ったケーキを美味しく保存できる方法も紹介していますので、最後まで美味しくクリスマスケーキを食べて頂けたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました