床の色と家具の色が違うのは良いのか,色合わせの例は?

豆知識

新しい家具を購入するとき、その家具が部屋の雰囲気に合っているかどうかは、大切なポイントですよね。

デザインも大切ですが、何よりも気になるのがその色合いではないでしょうか?
特に、広い面積を占める床の色との相性は気になるところです。

そこで今回は、床と家具の色は違ってもいいのか、相性がいい組み合わせはあるのかなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク

床と家具の色合わせが違っても良い?

床と家具の色が違ってもいいのでしょうか?
結論から先にお伝えすると、違う色でもOKです。

床と家具を同じ色にした場合と違う色にした場合、それぞれどんなお部屋になるのか、詳しく見ていきましょう。

床と家具が同じ色

床と同系色の家具を選ぶと、全体に統一感のあるお部屋になります。

何よりも、失敗が少ないのがおすすめのポイントです。

明るい色で統一された部屋はカジュアルな印象に、濃い色で統一された部屋は重厚感ある印象に、そしてモノトーンでまとめられたお部屋はモダンな印象になりますよ。

ただその一方で、部屋の中で使われている色が少ないので、全体的にメリハリがない印象になってしまうことも…。

そんな時には、クッションや置物などを違う色や好きな色にすると、アクセントになって素敵ですよ。

床と家具が違う色

床と違う色の家具を選ぶと、空間にメリハリが生まれてきます。

これは色の差があることで、奥行きを感じたり、リズムが生まれてくるからです。

ただし、注意することが一つ。
家具同士の色も違うと、まとまりがない印象になりがちです。

例えば木製のダイニングテーブルとチェア、チェストやソファの足など、同じ素材のものは色を統一する方が良いですよ。
また、取っ手など小さい部分の色やデザインを統一すると、同じテイストの家具になりやすいので、まとまりやすくおすすめです。

でも正直なところ、床と家具の色が違う方が、なんだかまとめるのが難しそうですよね。

次は床と家具の色の違いが気になった時にどうすればいいか、調べてみました。

スポンサーリンク

床と家具の色の違いが気になった時は?

思い切って床と違う色の家具にしてみたけど、なんだか思っていたのと違う…と感じてしまうことがあるかもしれません。

まず、こう感じてしまう時に一番多いのが、床と微妙に違う色を選んでしまっている時です。コントラストがはっきりしないと、全体にぼやけた印象になるので、まとまりが感じられなくなってしまいます。

床と家具を違う色にする時には、思い切って濃淡などに差があるものを選ぶ方が良いですよ。

そして「なんか違う…」と思ってしまった時におすすめなのが、
床と家具の間にアクセントになるような色のラグを敷くことです。

違う色が間に入ることで、ぼやけた印象が引き締まって、メリハリのある空間になりますよ。

 

それでは、床と家具の色、相性のいい組み合わせはあるのでしょうか?

次は床の色と家具の色合わせの、具体的な例をご紹介します。

スポンサーリンク

床の色と家具の色合わせの例

それでは床の色と家具の色の、具体的な組み合わせ例を4つご紹介します。

ナチュラルな床と黒い家具

長く人気がある、明るいライトブラウン系のナチュラルな床と、黒い家具は意外と相性が良い組み合わせです。

明るく広々としたい空間に、ワンポイントとして黒で引き締めるようなイメージです。同じ明るい木材の色でも、オークなどの落ち着いた色合いの方が相性が良いかもしれません。

ただし注意点が一つ。
黒い家具ばかりにしてしまうと、全体が重すぎてしまうので、ダイニングチェアだけ、など部分使いするのがおすすめです。

多めに使いたい時には、ダークグレーのような色でも良いですね。

濃いブラウンの床色と白い家具

今度は逆に、ウォールナットのように濃いブラウンの床と、真っ白な家具の組み合わせです。

濃いブラウンの床に、黒い家具を合わせてブルックリン風などのインテリアにすることが多いですが、それとは真逆の作り方です。

白い家具でモノトーンに近いインテリアにすることで、濃い床色で重くなりがちな部屋の印象を明るくナチュラルな雰囲気にすることができますよ。

選ぶ家具のデザインも、ナチュラルなものを選ぶと、よりまとまりやすくなります。

白い床と黒い家具

最初にご紹介したペールカラーと濃いブラウンの組み合わせに近いですが、こちらはもっとモダンな組み合わせです。

床もフローリングではなく、大理石のように艶のある床の時におすすめです。

全体をモノトーンでまとめているので、椅子やソファの足など、部分的にシルバーが入っても素敵ですよ。

落ち着きがありながら、ラグジュアリーな空間を演出できます。

ペールカラーの床とダークブラウンの家具

新しい賃貸などで多く使われているペールカラーの床、部屋全体のトーンが明るくなって広く感じられるので、最近では人気の床色です。

白っぽくて少しクリーミーな印象のペールカラーの床と、ウォールナットのような濃いブラウンの家具は、相性が良い組み合わせなんです。

空間にメリハリが生まれるので、全体にのっぺりした印象になるのを避けられますよ。

また濃い色の家具は安定感もあるので、落ち着いた雰囲気をプラスすることができます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は床の色と家具の色の組み合わせについて、調べてまとめました。

好みもあるので、家具選びは難しいですよね。

ただ、色の組み合わせに正解はないので、自分の好みと全体のバランスを良く把握して、素敵なインテリアの部屋を目指したいと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました