マニキュアの甘皮処理をしないのはアリなのか,デメリットはある?

豆知識

甘皮処理をすると、爪が長く見えて綺麗に見えますよね。

ネイルサロンに行くと、必ず甘皮処理をされると思います。

しかし、自分でマニキュアを塗るときにも甘皮処理はしたほうがいいのでしょうか?

 

この記事では、マニキュアを塗る時に甘皮処理をしたほうがいいのか、また甘皮処理をすることのデメリットについてをまとめています。

スポンサーリンク

マニキュアの甘皮処理をしないのはアリ?

マニキュアを塗るときに甘皮処理をするべきかどうかですが、甘皮処理をする人としない人、きっぱり分かれますね。

マニキュアをするのに、甘皮処理をしないといけないということはありませんよ。

やはり、甘皮処理をすれば爪が1ミリでも長く見えて魅力的で、マニキュアも塗りやすいです。もちろん、甘皮処理をマメにしている方も多いですよ。

甘皮処理をすると爪が長く見えてマニキュアが塗りやすいというのは事実ですが、しなくても、マニキュアの映え自体にそこまで影響はないかなと思います。

大事なのは、マニキュアの持ちだったり、綺麗さだと思います。
他人のマニキュアを見て、パッと目につくのはマニキュアの発色だったりしますよね。

無理に、甘皮処理をしなくても大丈夫ですよ。

・ジェルネイルをやめてよかったことまとめ!でも後悔することもある?

スポンサーリンク

甘皮処理をするデメリットは?

甘皮処理をすると爪が長く見えて綺麗に見えるもの。

ですが、実は、甘皮処理をすることのデメリットがあります。

それは、

甘皮処理をしすぎると、雑菌がかなり入りやすい状態になってしまうこと。

甘皮処理をセルフでやる場合はガーゼで優しくするのがいいのですが、ネイルケア用品やニッパーなどを自分で使うときは、その加減が難しいのではないでしょうか。
ネイリストさんの場合は別ですが…。

甘皮処理をやりすぎて、甘皮を傷めてしまうことがあります。

まして指先なので、日々使うことによって雑菌が入りやすくなってしまいます。

傷になってしまうと、今の時期であればアルコールが染みて痛いですよね。。

乾燥もしやすくなってしまいます。
カサカサする時期にはあまりやらない方がいいかもしれません。

マニキュアをするときに必ずしも甘皮処理をしないといけないわけではないですし、毎日など何度も甘皮処理をやらないほうがいいですね。

スポンサーリンク

甘皮処理を簡単にする方法

甘皮処理をする方法としては、このような方法があります。

・指をお湯で濡らして、ガーゼを使い、
 くるくるとそっと薄皮(ルースキューティクル)を取る
 ※くれぐれも押しすぎないように注意する
・終わったら、オイルや保湿クリームを塗る
・やるのは週1回程度

甘皮処理をするのに、専用の道具がなくてもガーゼがあれば簡単にできます。

ただ、やりすぎて爪を傷つけないようにしてくださいね。

なんとなく毎日やったほうが効果があるような気がしますが、週に1回で大丈夫ですよ。

マニキュアは1週間くらいは持つと思うので、それに合わせてやるのがいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

マニキュアの前に甘皮処理をするかどうかですが、決してしないといけないわけではありません。

ちなみに私は、昔10代の頃はやっていましたが、30代になった今は全くしていませんね。
やり方を忘れてしまったくらいです。。

最近はジェルネイルをあまりしないので、たまに気分転換にマニキュアを塗っています。甘皮処理はほとんどやらないですが、マニキュアは綺麗に塗ることができますよ。

日々家事をたくさんこなすのですが、甘皮処理をすると雑菌が入りやすいというのはちょっと嫌ですね。

 

私はとても爪が小さくて、長い爪に憧れることもありますが、今では小さい爪も好きですね。

爪が小さいからといって、マニキュアがきれいに見えなかったり、ジェルネイルが映えないということもはないと思います。
むしろ、雑菌が入ることの方が気になります。

生まれながらの爪の形も、大切にしたいですね。

・ジェルネイルをやめてよかったことまとめ!でも後悔することもある?

コメント

タイトルとURLをコピーしました