湿度を下げる扇風機やサーキュレーターはあるのか,湿度を下げる方法は?

豆知識

梅雨時に限らず、長雨の時期や台風の時期には家の中の湿気が気になりますよね。

特に天気が悪いに洗濯物を室内干しにすると、お部屋の湿度がどんどん上がって不快な空間に…。
カビなどの影響も気になるところです。

エアコンには除湿機能がついていますが、扇風機はどうなのでしょうか?

今回は扇風機で湿度は下げられるのか、同じように風を送り出してくれるサーキュレーターはどうなのか、などについて調べてみました。

スポンサーリンク

扇風機で湿度を下げることができる?

扇風機は羽が回転して風を送り出す装置ですが、湿度を下げる効果はあるのでしょうか?

実は扇風機を使うだけでは湿度を下げることはできませんが、手く使うと湿度を下げることができるんです。
というのも、扇風機は風を当てて空気を循環させることで、水分を飛ばして除湿します。

エアコンや除湿機と違って、水分自体を集めてくれるわけではないので、除湿の効果が得られるのは、風が当たっている部分だけなんです。

そのため、室内全体の除湿をすることは難しいですが、扇風機を使って部屋全体の空気を循環させ、換気を手助けすることで、湿度を下げることができますよ。

ポイントは、湿度を下げたいところに風をしっかり当てること。

押入れなどの収納は、窓もなく湿気がたまりがちですよね。
また、開けっ放しにしにくい玄関なども、意外と湿気がたまりがちです。
こういうところに扇風機で風を送ると、空気が循環して湿度を下げることができますよ。

 

こちらの扇風機は、湿度の見張り機能があるそうです!

 

 

 

それでは、扇風機と同じ風を送り出す装置、サーキュレーターはどうなのでしょうか?
次はサーキュレーターの除湿効果についてまとめてみました。

スポンサーリンク

サーキュレーターは?

そもそも、サーキュレーターと扇風機は何が違うのでしょうか?

扇風機はもともと、人に風を当てて涼しさを得るための機械なので、広範囲に風が当たるように設計されています。

それに対してサーキュレーターは、できるだけ遠くへ風を送れるように、勢いがあって直線的な風がでるように設計されています。

そしてこのサーキュレーターの特徴は、空気を循環させて湿度を下げるのにぴったりなんです。

サーキュレーターを使って湿度を下げる仕組みは扇風機と同じですが、無駄なく空気を循環させる分、より高い除湿効果が期待できますよ。

特におすすめなのが、エアコンや除湿機と併用すること。

サーキュレーターで部屋全体の空気を循環させ、その空気の湿気をエアコンや除湿機で集めてもらうと、短時間で湿度を下げることができますよ。
また、消費電力も少なく経済的で、省エネ効果も期待できるので、コストパフォーマンスは良いです。

 

 

 

ところで湿気というとどうしても梅雨時などの蒸し暑い時をイメージしがちですが、冬場の時期も結露対策が気になりますよね。

しかし、寒い時に扇風機やサーキュレーターを使うのは温度も下がってしまいそうでちょっと使いにくいですよね。

そんな時に手軽にできる、お部屋に湿度を下げる方法を調べてみました。

スポンサーリンク

部屋の湿度を下げる方法3つ

手軽にできる、部屋の湿度を下げる方法をご紹介していきます。

①新聞紙を丸めて置く

新聞紙は湿気を吸収する作用があるので、置いて置くと湿度を下げることができます。

紙自体が湿気を吸収するのですが、新聞紙はザラザラしていて表面積が大きい分、吸収率が高いんです。

丸めて置くのも同じ理由ですよ。

雨の日に室内干しした洗濯物の下に置いて置くと効果を発揮してくれます。
ただし広い部屋の湿度を下げるのには向いていませんのでご注意を。

同じく、ダンボールにも吸収作用があります。

こちらはダンボールの形を活かして、除湿剤などを置きにくい家具や家電の後ろの隙間などに置いておくと、湿気を吸収してくれますよ。

また、竹炭などの炭や重曹なども湿気を吸収する作用があります。

こちらも狭いところの方が効果的なのと、消臭効果もあるので、下駄箱の中やトイレ、収納などに置いておくと良いですよ。

②換気をする

当たり前のような方法ですが、実はとても効果的なのが、換気をすることです。

空気の出入りがないと湿気は部屋の中に停滞したままなので、エアコンや除湿機などで水分を集めないと、湿度を下げるのは難しいんです。

室内にある湿気を追い出すためには、窓を開けて換気すると、空気が入れ替わって湿度を下げることができますよ。

ポイントは、2箇所以上の窓やドアを開け、空気の入り口と出口を作ってあげることです。
空気が流れやすくなるので、除湿の効果が高まります。

また、換気扇を回すのも効果的ですよ。

お風呂だけではなく、キッチンもお料理をしていると意外と湿気がたまっているので、こまめに換気扇を回すことで、湿度を下げることができます。

③家具の配置を見直す

タンスや本棚など、壁にぴったりとくっつけて置いていませんか?

空気の通り道がないと、知らないうちに湿気がたまってカビが発生してしまうことがあるんです。

壁との間や家具同士の間に隙間を開けることで、空気が流れるようになり、湿度が下がりやすくなりますよ。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、扇風機やサーキュレーターで湿度を下げることができるのか、調べてみました。

これから寒くなるとどんどん、換気を怠って窓やドアを閉めたままになってしまいますよね。

扇風機やサーキュレーターを上手に使って換気して、湿度をコントロールしながら快適に暮らしたいと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました