菱餅はどこで買う,和菓子屋さんで買える?菱餅の色の意味も

豆知識

桃の節句と言えば、雛飾りですよね。

家族みんなでひな祭りのお祝いをするときは、とにかくお母さんやおばあちゃんは張り切ると思います!
それが初節句だったら、特にそうですよね。

雛飾りのお菓子といえばあられですが、今回ご紹介したいのは、お雛様とお内裏様の横にある菱餅(ひしもち)。

どこで買えるのか、なかなかイメージできませんよね

 

今回は、菱餅がどこで買えるのか、またその色の意味などについてまとめています。

スポンサーリンク

菱餅はどこで買える?

菱餅がどこで売られているかと言うと、昔ながらの和菓子屋で売られていることが多いです。
最近では、身近なスーパーなどではあまり売られていないようですね。

和菓子屋でも毎年雛祭りの時期に菱餅を売っているわけではないので、もし菱餅を買いたいと考えている場合はあらかじめお店で確認し、予約しておくことをおすすめします。
雛祭りに、ケーキもいいですよね♪
スポンサーリンク

菱餅の色の意味は?

菱餅の色は、ピンクと白、深い緑色のイメージですよね。
菱餅は、上から、ピンク、白、緑の順番です。

この色の意味は諸説あるのですが、その中で1つご紹介すると

ピンク→花をイメージ
白→雪をイメージ
→新緑をイメージ

これらをイメージしているそうですよ。

桃の節句の頃には桃や梅の花が鮮やかですが、その下には雪が残っていることも。
しかし、その下には新緑が。春を思い起こさせる、季節にぴったりのお菓子なんですね。

他には、厄除けや子孫繁栄の意味も込められているそうです。女の子の健やかな成長を願うとともに、とても深い意味があるんですね。

スポンサーリンク

菱餅の由来は?

菱餅、もとい雛祭りは、中国から伝わったもの。
中国では、季節の節目である上巳節(じょうしせつ)に、菱の実の粉と母子草(ははこぐさ・春の七草の1つである「ごぎょう」とも言う)を混ぜて餅にして食べる習慣があったそうです。

この上巳節が、のちの日本の雛祭りの由来となります。

それから菱餅を食べるようになったいきさつははっきりしていないそうですが、菱餅は江戸時代から今のような菱の形になったそうですよ。

この菱餅の形ですが、この形の由来にも諸説ありますが、一つは菱のみの形からきていると言われています。

菱というのはあまり聞き慣れないですが、水面に浮かんで生える植物で、白い花が咲きます。
その菱の実の形になぞらえて、菱餅ができたという一説があります。

よく見ると、菱の形をしているような…!?

菱の実はこのような真っ黒な見た目ですが、中の実は白く、食用にもなるそうです。中国では上巳節にこれを白い粉にして、餅に混ぜていたんですね。

こういった菱の実はなかなか日常生活では触れることはないですが、菱餅の由来となったことを知ると、より身近に感じますね。

スポンサーリンク

菱餅を手作り!?

菱餅は、最近ではなかなか手に入りにくいものとなっています。

そこで、初節句などで菱餅をかたどった食べ物を作るというご家庭が多いそうですよ!

例えば

・菱餅の形のちらし寿司
・三色ゼリーケーキ
・三色ホットケーキ
・三色プリン
・三色ういろう

などなど、レシピサイトを見ると、ご家庭ごとで工夫を凝らされているようですね。

そして菱形も手作りされている方が多いようです。
使うものは、牛乳パック!なるほどですね。

よく作られているちらし寿司は、ピンクのところはごはんに桜でんぶ、緑のところは青のりを混ぜると華やかな色が出ます。そして、その上に錦糸卵やお子さんの好きなものを散らせば、立派な菱餅ちらしずしの完成です!
ごはんでできているので、もちろん食べられます。(赤ちゃんの場合は、月齢などにもよります)

その他、ゼリーやプリンなど、ピンクと緑、白を使ったお菓子は本当に華やかに見えますよね。
ピンクや緑は作るのが難しく感じますが、食紅を使わなくても緑は野菜ジュース、ピンクは苺を混ぜたりと、各家庭で工夫されているようですね~。

初節句は色々と準備が大変ですが、一つでもこういう華やかなものがあればとても写真に映えますね!
レシピサイトを見ると意外と簡単ですし、私も子供の初節句のときはちゃんとこういうものを作ればよかったと後悔しています。

スポンサーリンク

まとめ

雛祭りのお祝いの場に菱餅があると、とても風情があっていいですよね。

あのピンクと白、緑の組み合わせは、なんとも言えないです。

お子さんの桃の節句には、ぜひ本物の菱餅を飾りたい!と言う人は多いと思います。

季節の物ですし、売っている場所は限られていますが、ぜひ近くの和菓子屋さんをあたってみてください。

もしないと言われてしまったら、ご自宅でも作ることができるレシピがたくさんあるので、レシピサイトも見てみてくださいね。
お子さんと一緒に作るというのも、楽しいですよね。
特に女の子だったら、お手伝いが好きな子が多いですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました