郵便物の受け取り拒否をすると相手には知られるのか,受取拒否の方法も

豆知識

自分にとって必要でない、または全く知らない人から郵便物が届いた場合、郵便物の受け取り拒否をすることができます。

しかし、受け取り拒否したことを”ひた隠し”にしたいときは、何か方法がないか考えてしまいますね。
その受け取り拒否した郵便物は、相手には知らされるのでしょうか?

この記事では、受け取り拒否をしたことが相手に知らされるか、また受け取り拒否の方法をまとめています。

スポンサーリンク

郵便物の受け取り拒否をしたとき相手には?

結論から言うと、郵便物を受け取り拒否をしたことは、相手にはわかります。

というのも、郵便局で「この郵便物は受け取り拒否につき返送します」というメモを貼って差出人に返却されるからです。

また、「受取拒否」など、こちらが受け取ったときに書いたメモも一緒に貼って返送されます。

受け取り拒否をした時点で、それが明記されて差出人に返送されてしまうんですね。

宛先不明だとややこしくなる

受け取り拒否よりも、宛先不明の方が、なんとなくイメージが悪くないように感じます。

ですが、宛先不明と書くと、「ここに私は住んでいません」ということでこれからの郵便物がきちんと配達されなくなり、ややこしくなってしまいます。

どうしても受け取り拒否と相手に知られたくないとしても、決して宛先不明とは書かないでくださいね。

スポンサーリンク

郵便物の受け取り拒否の方法

ここで、郵便物の受け取り拒否の仕方についてですが、

郵便物に「受け取り拒否」および「名前あるいは押印」を明記し付箋やメモなどで貼り付け、郵便ポストに入れる・または郵便局員に渡す

ことで、受け取り拒否ができます。ただし、未開封に限ります。

受け取り拒否したいものは、たとえ手元に受け取っていても、受け取り拒否と明記してポストに入れておくことで受け取り拒否として差出人に返却されますよ。
誤って、開封しないようにしてくださいね。

ゆうパックなどは受領する前に拒否する

ゆうパックなど受領印が必要なものは、受け取って印を押してしまうと、原則としては受け取り拒否はできません。

なので、荷物を受け取る際は差出人など、確認することが大切ですね。

スポンサーリンク

受取拒否の料金・送料は?

受取拒否をした場合、拒否をする側は料金はかかりません。
送った側も、折り返しの送料については料金がかかりません。

往復の送料が必要のように思いますが、受け取り拒否されるときの送料は必要がないんですね。

ただし、差出人が送った時の最初の送料は、受け取り拒否になったとしても還付されることはありません。

スポンサーリンク

郵便物の受け取り拒否 退職者の場合は?

既に退職された方の郵便物が会社に届くことは、よくありますよね。

私は、以前は総務の仕事をしていて、退職した方へのDMなどの郵便物が毎日のように届いていました。結構困りますね。。

退職者の場合、「退職者につき受取拒否」と書いたメモを貼っておけば、返送されます
(書いた人の押印や署名は不要です)

差出人にとっても、その人が退職されたということがわかるのは助かると思います。
今後の郵便が不要になりますからね。

スポンサーリンク

前居住者の郵便物は?

マンションやアパートに住んでいると、前に住んでいた人の郵便物が届くことがよくあります。その方は多分、郵便物の転送手続きをしていないんですね。

前居住者の郵便物は、「転居先不明」とメモを貼ってポストにいれておくと返送されます

よく届くことがあれば少し面倒ですが、次に来ないようようにするためにもメモを貼って返送しておくといいですね。

スポンサーリンク

まとめ

郵便物を受け取り拒否した場合、受取拒否と明記されるので、相手には受け取り拒否したことは分かってしまいます。
受け取り拒否を知らせずに受け取り拒否をすることはできません。

受取拒否したことが分からなければ、差出人はなぜ郵便物が返って来たかどうかわからないですものね。

面倒ですし、少し角が立つように感じますが、もし受け取り拒否をする必要があれば、毎度拒否と明記することが必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました