二十四節気とは簡単にいうと?「暦の上では」の意味をわかりやすく説明

豆知識

「二十四節気」というと、なんか小難しく聞こえてしまうかもしれません。

あまり聞きなじみがないですよね。

二十四節気と言う言葉は、天気予報くらいしか聞いたことがない、と言う人が多いと思います。

今回は、二十四節気の簡単な言い方をまとめました。

スポンサーリンク

二十四節気を簡単に言うと?

二十四節気を簡単に言うと、「一年を24等分し、それぞれに名前をつけたもの」です。

二十四節気と言う名前を分けて考える、節気とは、「季節の区分」のこと。
なので、二十四節気とは、二十四の季節に分けた、ということですね。

ただ、これだけだと具体的にいつというのがわからないので、以下に詳しく説明しています。

スポンサーリンク

24の節気は具体的にいつ?

二十四節気の季節は、春夏秋冬ごとに6つずつ分かれています。

それぞれ、名前と日付をまとめました。

それぞれ、日付を「〇月〇日ごろ」としていますが、これは年によって節気が変わるためです。
一年は365日ですが、実は365日5時間48分45.147秒と、365日ぴったりではないため、一年ごとにずれがあります。よって、例えば春分と一言に行っても、毎年3月21日ではなく毎年変わってきます。

春の節気

立春(りっしゅん) 2月4日ごろ 二十四節気の一年の始まり。「暦の上では春です」は、この立春の日のことを言います。「春一番」はこの時期に吹く強い南風のことです。
雨水(うすい) 2月19日ごろ 雨水とは、雪がとけることを意味します。雪どけとともに、少しずつ春を感じます。
啓蟄(けいちつ) 3月6日ごろ 啓蟄とは、虫が土の中顔を出すということ。春になり、虫も生き生きとなるという意味です。
春分(しゅんぶん) 3月21日ごろ 春分には、昼間と夜間の時間が、ちょうど同じになります。春分を過ぎると、徐々に日が延びていきます。
清明(せいめい) 4月5日ごろ 生物や植物などいろいろなものが、清らかに明るく、生き生きとするという意味があります。桜のシーズンですね。
穀雨(こくう) 4月20日ごろ 雨に恵まれ、穀物などがよく育っていくという意味があります。この時期に種をまくことでよく実と言われます。

 

夏の節気

立夏(りっか) 5月6日ごろ 立夏になると、暦の上では夏になります。新緑が気持ちの良い時期です。
小満(しょうまん) 5月21日ごろ 物事がどんどん満ち溢れるさま。すべての植物がどんどん成長して、生い茂るという意味です。
芒種(ぼうしゅ) 6月6日ごろ 「芒」とは、稲の穂先にある毛のような部分。その芒となる種をまく時期という意味です。この芒種の時期に田植えをするという方が多いです。
夏至(げし) 6月21日ごろ 一年で最も昼の時間が長いとされる日。夏至を過ぎ、梅雨が明けると、暑い夏がやってきます。
小暑(しょうしょ) 7月7日ごろ 少しずつ暑さが増してくるという意味。暑中見舞いを出すのは、この小暑から大暑にかけての期間です。
大暑(たいしょ) 7月23日ごろ 暑さが本格的で夏本番。土用の丑の日が近い時期です。

秋の節気

立秋(りっしゅう) 8月7日ごろ 暦の上では、秋の始まり。立秋を過ぎると、暑中見舞いではなく残暑見舞いを出します。
処暑(しょしょ) 8月23日ごろ 暑さがおさまるという意味。徐々に秋の気配を感じますね。
白露(はくろ) 9月8日ごろ 露とは、朝露のこと。朝露がつくなど、夏も終わり秋めいてきます。
秋分(しゅうぶん) 9月23日ごろ 秋分は、昼間と夜間の時間が同じになります。
寒露(かんろ) 10月8日ごろ 露がおりるほど、やや寒くなってくるという意味です。
霜降(そうこう) 10月23日ごろ 霜が降りるとかいて、霜降。秋も終わりに近づいてきます。紅葉の時期ですね。

冬の節気

立冬(りっとう) 11月7日頃 暦の上では、冬が始まります。木枯らしも吹いたりと、だんだん寒くなってきます。
小雪(しょうせつ) 11月22日頃 雪が少しずつ降り始めます。
大雪(たいせつ) 12月7日頃 雪が多く降ります。かなり寒くなってくる時期です。
冬至(とうじ) 12月22日頃 1年のうち、最も夜が長いとされています。この日に、柚子湯に入って無病息災を願います。
小寒(しょうかん) 1月5日頃 寒い時期になる、寒の入りとも言います。寒中見舞いを出すのはこの時期。
大寒(だいかん) 1月20日頃 寒さが本格的な時期。大寒が終れば、春が始まります。
スポンサーリンク

「暦の上では夏です」の意味は?

天気予報を見ていると、よく聞くのが

「暦の上では今日から夏です」「暦の上ではもう今日から春です」という言葉。

これを聞くと、「え、まだ涼しいのにもう夏?」「まだ寒いのに春!?」と思うことがありませんか?

この天気予報士さんの「暦の上では」という言葉は、実は二十四節気からいう季節のこと。

上記で書いている、「立〇」とは、それぞれ季節の始まりのことです。

立春:春の始まり
立夏:夏の始まり
立秋:秋の始まり
立冬:冬の始まり

なので、立春になると二十四節気のカレンダー上では「春の始まり」なので、「暦の上では春です」と言ったりします。

しかし、立春の2月4日はまだまだ寒くて雪が降ったり、冬の天気だったりします。
立秋は8月7日ですが、この頃はまだまだ暑くてプールに入ったりしますよね。でも、立秋なので秋の始まりなんですよね。

なので、天気予報士さんが言う「暦の上では春」というのは、意外でビックリしてしまうんですよね。

スポンサーリンク

まとめ

二十四節気の時期や、意味についてまとめました。

体感とはかなり違いがあるものの、とても大切な暦の習慣ですね。
それぞれ意味が込められた節気の名前がとても丁寧で、素敵だなと思いました。

天気予報士さんがおっしゃる立春や、カレンダーで小さく書かれている節気を意識して生活してみてみると、よりより四季を感じられ、丁寧な過ごし方ができそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました