MENU

突っ張り棒の長さが足りない!代わりに何を使えばいい!?強度が高い強力なものはある?

100均やホームセンターで気軽に入手できる突っ張り棒。のれんや、ちょっとしたものをかけるのに便利ですよね。

しかし、いざ部屋に取り付けようとすると…長さが足りない!?

これはとてもショックです。。わざわざまた買いに行くのは、とても面倒。

何か良いもの無いかしら!?

この記事では、突っ張り棒が足りないときに、一時的に代わりになるものをまとめています。

目次

突っ張り棒の長さが足りないときに代わりになるものは?

突っ張り棒の長さが足りないとき、家にあるもので代わりになるものは下記の通りです。

・段ボール
・あまり木
・スポンジやパフ
ただしいずれの方法も、突っ張り棒として強度は落ちてしまうので、あくまで一時的な救済として試してみてください。

・段ボール

あとほんの少しだけ足りない!というときは、段ボールを何枚か挟んでみてはいかがでしょうか。ちょうどよいクッションになって、支えてくれると思います。少し見栄えは悪くはなりますが、うまく切る事ができれば、あまり目立たないでしょう。

・あまり木

余り木も有効です。ちょうどよい長さのものを探すのは大変ですが、もし身近にあれば使ってみてはいかがでしょうか。ただ、幅が広いものを使うと、かえって落ちやすくなるので要注意です。余り木がなければ買いに行くのもいいですが、突っ張り棒を買い直すか木を買いに行くか…どちらが都合がいいか考えてみましょう。

・スポンジやパフ

食器洗い用のスポンジや、女性の方ならメイクのスポンジが余ったものがあれば、使ってみるといいでしょう。クッションにもなります。メラニンスポンジのような、堅めのスポンジだと安心ですね。(壁に傷がつかないように要注意です)

もしどの方法でも、長さが足りないという場合は、返品や交換をしてみてはいかがでしょうか。ただし、これは未開封の場合のみという場合が多いので、注意しましょう。

ピッタリのサイズのものを買い直すことも、検討した方が良いと思います。

突っ張り棒の強度を高める!突っ張り棒には支えポールもオススメ

突っ張り棒をセッティングするなら、重さに耐えれて強度が高いものが良いわよね!

突っ張り棒には、長いものもあります。長い突っ張り棒は、長い分、強度も落ちてしまいます。そんな時に、突っ張り棒の支えポールも便利です。

突っ張り棒の強度を高める商品などもあるので、チェックしてみましょう。

クローゼットの中などでとても便利に使えます。

created by Rinker
平安伸銅工業
¥1,570 (2024/03/02 15:56:35時点 Amazon調べ-詳細)

 突っ張り棒の種類は?

突っ張り棒は、100均やホームセンター、ニトリなどで沢山売られています。

長さの種類は、店によっても違いますが、100均では、18cmが最短、120cmが最長のようです。

ニトリでは、50cmから283cmのものが売られています。3m近くもあるとは、とても長いですね…!

また、突っ張り棒の種類としては、バネ式ジャッキ式のものがあります。特にジャッキ式は、バネ式よりもしっかりしているので、やや重いものをかけるときに便利です。クローゼットの中で長年活躍してくれてるでしょう。

突っ張り棒にも様々な種類があって、特徴もあるのね!

バネ式

パイプに内蔵されたバネを圧縮して、壁面に対する反発力で固定するタイプの突っ張り棒です。棚の中などで仕切りとして使うのに向いている商品です。

バネ式の特徴

  1. 突っ張る力や耐荷重は、ジャッキ式に比べて弱い
  2. 中がバネだからつけ外しが簡単
広告

ジャッキ式

パイプを伸ばして固定ネジで固定してから、端のグリップを回して壁に固定させるタイプの突っ張り棒です。洋服や重いものを掛けるのに適している商品です。

ジャッキ式の特徴

  1. グリップを回してしっかりと固定できる
  2. 棒タイプ以外に棚タイプなど種類が豊富で、用途に合わせやすい

家庭の様々なものを支えてくれる突っ張り棒。長さが豊富だと、とてもありがたいですね。

出典:平安伸銅工業ホームページ

おしゃれな突っ張り棒もある!

突っ張り棒にオシャレなものはあるんでしょうか?

オシャレな突っ張り棒を探しているという方なら、そのような突っ張り棒もあります。

突っ張り棒と言えば、白や黒、茶色などがベーシックなタイプです。ただ、明らかに「突っ張り棒」とわかるものは目立ってしまいますし、部屋の壁の色や雰囲気にマッチするものが良いですよね。

ただベーシックなものではなく、例えば、アンティーク調のものが良いなど、そのような突っ張り棒を探している方はチェックしてみてください。

一言で突っ張り棒と言っても様々なものがあるので、ネットで一度チェックしてみましょう。

広告

斜めに設置できる突っ張り棒もある!

スタンダードな突っ張り棒は平行な壁にしか設置できないため、取り付けられる場所が限定されてしまいます。突っ張り棒の中にも左右に首を振ることができる商品があり、斜めに物干し竿を渡せるものもあります。

誰でも簡単に取り付けられるので、チェックしてみてください!

広告

まとめ

色んな場面で活躍する突っ張り棒ですが、長さが足りないと本当にショックですね…。

もしかするとご家庭のもので代用できるものもあるかもしれませんので、一時的なものとして試してみると良いでしょう。ただ、やはり強度が落ちるので、突っ張り棒の特性的にもいろんなものをかける時には落ちないように要注意です。

長さを測って、少し余裕ある長さがちょうど良いかもしれません。長さのある突っ張り棒もチェックしておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

広告

広告

広告

広告

コメント

コメントする

目次