webとインターネットの違いは?オンラインとの違いも解説します

豆知識

私たちの生活に、切っても切り離せないインターネット。

用語が難しいことがありますよね。

インターネット用語はなんとなく使っている言葉ですが、よく考えると意味が気になります。

WEB?インターネット?オンライン?

特に、誰かに説明するときにはちょっと難しいですね。

 

この記事では、WEB、インターネット、オンラインなどの用語を解説しています。

スポンサーリンク

webとインターネットの違いは?

「webアプリ」や「インターネットバンキング」など、webやインターネットを使った言葉はたくさんあり、意味の違いが分かりづらいですよね。

まず、webとインターネットの違いは何なのでしょうか。

簡単に一言で言うと、

インターネット:インターネット回線のこと。私たちと情報をつなぐ「道路」
web:情報を送る、または欲しい情報を見る「仕組み」

のことです。

インターネットとは?
インターネットとは、TCP/IPという通信プロトコル(コンピュータ同士が通信を行うための規格)を使って、端末同士をつなぐことです。
家庭でインターネットを契約すると、インターネット回線をひきますよね。そのインターネット回線を使って、私たちは様々な情報と繋がることができます。インターネットとは、私たちと情報までの、1本の道路のようなものです。

webとは?
web(ウェブ)は、もともと英語で「クモの巣」という意味があります。
webとは、沢山の情報のデータを送り、またそれを閲覧できる仕組みのことを言います。
よく、サイトのアドレスに「www」が付いていますが、これはWorld wide web「ワールドワイドウェブ」の略で、これをWebと言います。

 

それぞれの言葉をこうやって詳しくみると、webとインターネットは意味合いが異なっていますよね。

ただ、私たちは曖昧に使っていることが多いです。

なぜかというと、最近ではWEB、インターネットという言葉を使った言葉がたくさんあるので、それで使い分けている面があるからだと思います。

「web」を使った言葉 「インターネット」を使った言葉
webサイト
web会議
webアプリ
webページ
webデザイナー
web広告
webマーケティング
インターネットサイト
インターネット会議
インターネットバンキング
インターネットテレビ
インターネットゲーム
インターネット通販
インターネットカフェ

例えばwebサイトは、インターネットサイトとも言いますし、
web会議も、インターネット会議とも言いますよね。
webやインターネットを使った言葉は、意味合いが重なり合っている場合もあります。

しかし、webデザイナーはインターネットデザイナーとは言いません。

なんとなくwebとインターネットをニュアンスで住みわけて使っていますよね。
これが、余計に混乱してしまう原因になっていると思われます。

インターネットとネットの違いは?

「インターネット」と「ネット」を使い分けたりもしますよね。

「ネット」は、「インターネット」の略語です。なので、意味上の違いはありません。

例えば、インターネット会議とも、ネット会議とも言います。

こうやって略して使うカタカナ言葉は、外国人の方にとってはややこしいかもしれませんね。

スポンサーリンク

インターネットとオンラインの違いは?

よく、インターネット会議とかオンライン会議と言いますよね。
インターネットアプリ・オンラインアプリとも。

インターネットとオンラインの意味は違うのでしょうか?

インターネット:インターネット回線のこと
オンライン:インターネットにつながった状態

インターネットとオンラインにも、微妙に意味が異なります。

「オンライン」とつく言葉に、オンライン結婚式や、オンライン入社式という言葉がありますが、これらは逆にインターネット結婚式やインターネット入社式とはあまり言いません。
「インターネットにつながった」状態で結婚式や入社式が行われるので、オンラインという言葉が使われているのだと思います。

しかし、先ほどのオンライン会議とインターネット会議は同じものなので、やはりオンラインとインターネットも意味が重なって、あいまいに使っていることもありますね。

スポンサーリンク

ウェブサイトとHP(ホームページ)の違いは?

今でもはっきりと覚えているのですが、私は大学に通っているときに、教授が「サイト」と「ホームページ」は違うのでちゃんと使い分けるように、と授業で仰っていました。
私は当時は、サイトより、どちらかというとホームページという言葉をよく使っていたし使い分けたことがなかったので、ビックリしましたね。

後から調べると、サイトとホームページは日本ではあいまいに使っていたりしますが、英語圏では違いがあるようです。教授なので、外国にも目を向けての発言だったのだと思います。

英和辞典にも、こう書いてありました。
website: WWWサイト
homepage: ホームページ。ある情報発信者が発信する情報の入口となる表紙・目次のようなページ

 

サイトとホームページの意味をまとめると、

ウェブサイト(サイト):ページの集合体のこと。例えばこのブログの「webとインターネットの違い」の記事と、それ以外の記事を含めた全体のこと。

HP(ホームページ):ページのトップページのこと。例えば、このブログであれば、このページのホームにある https://yururihappy.com というページのこと。

なんとなく使いわけがちですが、意味の違いを考えるのも大事だと思いました。
スポンサーリンク

まとめ

なんとなく使い分けていたインターネット、web、オンラインという言葉ですが、やはり意味はそれぞれ異なっていました。

ただ、同じように使っている言葉が多く、とても曖昧に使っているのだなと思います。

特に外国人の方にはかなり混乱しやすい言葉かも知れません。

ちゃんと言葉の意味を覚えておくと、いざ説明するときに便利ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました