大安の次にいい日はいつ?こだわるなら友引や先勝?

豆知識

結婚式や契約ごと、引っ越しなどで、今でも重要とされているのが暦の上の「大安」。

しかし、どうしても大安の日を選べない日は悩みますよね。

この記事では、一般的には、大安の次に良い日とされている日はいつなのかまとめています。

スポンサーリンク

大安の次に良い日は?

大安の次に良い日とされているのは、友引とされています。

しかし、人によって考えが違ったりして、先勝の方がいいという人もいます。

よって、友引か先勝どちらか、と考える人が多く、それに関して決まりはないようですね。

友引と先勝の違いは、

友引→お祝いごとに良いとされている
先勝→先んずれば勝つ、万事において急ぐことがよい

という意味があります。(下の項で意味を詳しく説明しています)

友引か先勝どちらがいいかは、どちらかにこだわる人はこだわるし、友引が”好まれる”という程度だと考えておくといいでしょう。

それを踏まえて六曜のなかでよい日取りとされる順番は、一般的には下記と考えられています。

(良い日取りの順番)
大安→友引→先勝→先負→赤口→仏滅
スポンサーリンク

大安や友引を優先にしたいけど無理なら…

大安や友引を優先にしたいけど、どうしても無理な場合もありますよね。

その場合は、「相手のこと」を優先に考えましょう。

例えば自分の結婚式や引っ越しなどではなく、相手の結婚やお見舞いなどであれば、日取りは優先した方が良いでしょう。

相手にとっては気にならないかもしれませんが、こういう場合は失礼があってはいけません。良い日取り・時間を選ぶべきだと思います。

スポンサーリンク

なぜ日取りを気にするの?

縁起の良い日やそうでない日を気にする人は多いですよね。

しかし、若い人ほど気にしない傾向になってきています。

大安はいいとか、仏滅が悪いとかを知っていても、意味をスラスラ説明できる人って、若い人にはなかなかいないかもしれませんね。

「意味はなんとなく知っているけど、あまり気にしない」という人が多いのではないかと思います。

実際に私もそうで、仏滅が悪いとは知っていましたが、結婚式を仏滅に挙げた強者です(苦笑)そのときのエピソードなどは、下記にまとめています。

スポンサーリンク

大安や仏滅などの意味は?

大安・友引・先勝・先負・赤口・仏滅とは、六曜と呼ばれています。

六曜とは、暦注の一つ。暦注とは、曜日や祝日などと同じように、カレンダーの暦に記入される事項です。

それぞれの意味についてご説明します。

大安(たいあん)午前:吉、午後:吉

すべてにおいて良いとされている日です。結婚式や入籍、引っ越し、契約など、おめでたいことをするのに最も良い日とされています。午前も午後も吉とされています。

友引(ともびき)午前:吉、正午:凶、午後:吉

友引は、「幸せのおすそ分けの日」。正午だけ凶ですが、この時間を避けられれば良いとされています。

おすそ分けにいいという日なので、結婚式を挙げるのに良い日とされてます。逆にお葬式をするのは良くないようです。(あの世に引っ張ってしまうと言われています)

時間帯については注意が必要ですが、大安の次に良い日とされていますね。結婚式を挙げる場合は正午は避けましょう。

先勝(せんしょう/さきがち)午前:吉、午後:凶

先勝は、せんしょう・さきがちと読みます。午前は良いとされてますが、午後は凶です。

「万事急ぐのが吉」とされている日で、午前中に動き、午後は動かずゆったり過ごすのが良いとされています。

お祝い事などは、午前に済ますのが良いでしょう。

先負(せんぷ/さきまけ)午前:凶、午後:吉

先負は、せんぶ・さきまけと読みます。先勝と逆に、午前が凶、午後が吉とされています。

午前中は動かず、午後から動きだすのが良いとされていますが、ゆったりと静かに過ごすのが良い日とされています。

赤口(しゃっこう/しゃっく)午前:凶、午前11時~午後1時:吉 、午後:凶

赤口は、しゃっこう・しゃっくと読みます。基本は凶日ですが、昼前後の2時間、11時~13時は吉とされています。

赤口は、「赤」がついていることから「火」や「血」を連想するため、縁起が良くないとされています。やることすべてが「凶」とされています。仏滅と同様、お祝いをするなら、避けたほうがよいでしょう。

仏滅(ぶつめつ)午前:凶 午後:凶

仏滅は、「仏が滅する」として六曜のなかで最もよくない日とされています。

午前も午後も凶とされ、お祝い事はさけるようにするべき日。

お祝い事以外にも、取引も良くないとされています。

スポンサーリンク

六曜ってそもそも、どこからきたの?

六曜とは、古代中国から伝わってきたとされています。日本へは鎌倉時代に伝来されました。

その後、日本で六曜の考えは定着しましたが、意味が考えられたのは実は江戸時代のことでした。

後から意味が考えられたこともあり、根拠がはっきりとしないので、最近ではカレンダーに載っていないことも多いですよね。わざわざネットで六曜のカレンダーを調べたりします。

しかし、昔から大切にされている考えということもあって、結婚式などの日取りを考えるときには無視できない存在。ただ、若い人にとっては気にしない人も多いので、何十年かすると六曜に対しての考えはさらに変わっていそうですよね。

スポンサーリンク

大安や友引以外に縁起が良い日は?

大安や友引以外にも、縁起が良い日とされている日があります。

・「一粒万倍日」(いちりゅうまんばいび・いちりゅうまんばいにち)
 →物事の始まりにとても良い日
・「天赦日」(てんしゃにち)
 →暦の上で最も縁起が良い日

これらの日が大安に重なると、とても縁起が良いとされています。

最近、SNSなどでもなじみが出てきた言葉ですよね。天赦日は結婚などの慶び事はもちろん、一粒万倍日には財布を下ろすなど、何かを始めるのに良いとされています。

スポンサーリンク

まとめ

大安の次にいい日は友引、先勝と呼ばれています。

六曜のそれぞれの意味や、日取りの良い一粒万倍日、天赦日についてもまとめました。

六曜はあまりなじみがなくなってきたとはいえ、結婚をするときにはやはり気にするものですよね。家族から何か言われることもありますから…。

意味を知っておけば代わりに他の日にしたりと、選択肢が出てきますよね。

何かおめでたいことや契約をするときみは、改めて六曜の意味を押さえておくと良いかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました